ネウロリミックス2巻!

感想追記しました

クリックすると原寸大が出る仕組み↓
c0106009_351830.jpg


ネウロリミックス2巻発売しましたねふらふら
なんつう濃厚な巻じゃ
サイの衝撃からヒステリアで笛吹さん登場(!!!)、
笹塚の過去をにおわせデイビット・ライスの温泉編ですさまじいネウヤコサービス…
ああでも超しあわせですこんな…こんな…
笛吹さんの登場を
あたかもリアルタイムのように見守(略




リミックス2巻入手しました!

今回は、前回1巻を手に入れた本屋さんに直行。
棚に並んでいたのをスポッと抜き取って来ました!!!
もうなんか「私いまかっこよくね?」とか思いつつ(幻ですがね)レジに行って、
そのまま帰りに寿司買って帰ってきました。

今回はもう笛吹さんが登場と言うことでそれはそれは不整脈だったんですが
他飛ばしてそこ見たらありがたみが薄れると思ったのでちゃんと最初から読みました。

サイ怖ぇーーーーーーーーーーー!

あの死体からむっくり起き上がる場面で、ネウロが即「すばらしい」
て言うのはさすがですね…!人間ではないネウロならではのお言葉!

こんな「化け物」を理解できるわけがない、っていうのが確かに常識的な考え方だと思います。人間をおもちゃみたいに壊して、箱につめてしまうなんて、人間のすることじゃない。

犯罪者のことなんて、理解したくない、考えたくもない、ていうのが潔癖な人間の考え方なんだと思う。そこを、普通とは全く別の視点で「すばらしい」と言ってしまう魔人がいて、弥子ちゃんはいつもとは少し違う視点から、彼らを見ることを学ぶ。

以前、立てこもりなどの犯人と「交渉」するネゴシエーターのゲームをしたことがあるのですが、その場合、犯人の人物像を理解することがとても大切になります。

その人の過去や言動、表情などから、彼らを理解して、説得するためのきっかけをつかむわけです。

なるほど、犯罪者を理解しようとする弥子ちゃんが進むのは
自然とネゴシエーターに続いていたわけですね。

大抵のドラマや映画、もちろんネウロでもそうですが警察っていうのは、犯人と敵対する組織になるわけで、犯罪者側の事情などが入る余地はないものです。
(実際の警察がどうかは知りませんが)
それなら「私立探偵」である弥子ちゃんやネウロだからこそ、
犯罪者に拍手を送ったり、その手をそっと包んであげたりすることができたのでしょうね…。



ヒステリア編はものっそい笛吹さんパラダイスでした…!
いや、笹塚パラダイスでもあったんですが、やっぱ笛吹さんかな…!
やーもうどこ見ても笛吹さんでニヤニヤニヤニヤ////
初登場の笛吹さんのイヤミなこと!
これ単行本の「隣の愉快犯」がないと笛吹さんのかわいさがまだわからない状態で終了ですよね!
ギャーやだ買ってー!単行本買って!リミックスのみの人ぉおおおおお!!!!

ああこのチビメガネがあんなにおっとこまえになるなんて今からはぁはぁはぁはぁ
筑紫そこかわれ見守らせろ一番近くで笛吹さんの成長をぉおおおお

うそですすいません

筑紫だからこそ笛吹さんのサポートができるのよねっ!

このヒステリア編はすっごい濃厚で、笛吹さんと筑紫の登場から、
彼らの因縁、笹塚の過去などガンガン情報が入ってました。

何故笛吹さんがこれほど笹塚を挑発するのか
笹塚の過去に何があったのか…

学生時代の回想はもう、いま読むからこそ!胸がぎゅうぎゅうおさえつけられる。

10年経っても薄れることのなかった、家族を奪われた痛み。
友人が底の見えない闇に囚われていく恐れ、焦り。

学生時代、毎日が充実して輝いて、さぁこれから社会に出るんだ、という、
ジャンプする寸前の出来事。

これは本当にどうすれば良かったんでしょうね。

笹塚が必要としていたのはなんだったのか。

このへんはちょっと自分で整理しないとダラダラ鬱陶しいことを描き続けてしまうので割愛します。
またちゃんと自分の中で答えを出したいわー。

あーでも笛吹さんまじかっこええ
あそこで怒鳴ってくれる友達なんてめったにいないよちきしょーさすがです以下永遠に続く

ともかく、ヒステリアのぶっちゃけと、内面を徹頭徹尾出さない笹塚の対比が
ビシっと決まったかっこいい回でした。最高です。

さて。
かわって温泉編は、ネウヤコで一泊という、もうどんだけサービスだ、という話でして。
ていうか部屋が一緒で布団ひとつって、おかしいだろ!
いやおかしくはないよ、若い男女だからね。
いやでもそれ普通に恋人認定だろ!!!

や、ネウロのことだからウジムシと部屋が一緒くらい別にどうということはないのかもしれんが
なんかすごいよねー
弥子ちゃんもネウロの寝顔にきゅんきゅんするというよりは
「珍しいもん見れたなー」てテンションだし。

ああこれがネウヤコのいいところですよねー(遠い目

デイビットくんは今見ても「イイノカナー」みたいな内容ですね。

…イイノカナー…


ということでもーのーすーごーくー濃ゆい内容だったリミックス2巻…
感想これでもかなり削ったんです…ほんとはもっともっと長かった。

そしていま16巻の笛吹さんのシーンを読み返しております。

ヒステリアの爆発でメガネ外れたシーンと
16巻のテラ襲撃でメガネ外れたシーンの比較。


うわあああああああああああああ
かっかっこ…かっこえ…(ことばにならない




←いやいや脅すつもりなんてないですよ。でも拍手ください。
by syokubutsuen | 2011-01-28 00:57 | ネウロ→感想(漫画有


ネウロ/暗殺教室その他版権の絵や漫画描いてます。公式とは無関係の二次創作です。画像無断転載禁止。リンクフリー。管理人「室町」。twitterIDはhopstepstock。


by 室町

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
このブログについて
暗殺教室
ネウロ→Web漫画
ネウロ→感想(漫画有
ネウロ→ネウヤコ
ネウロ→警察組
ネウロ→犯人
ネウロ→集団とか
ネウロ→笹塚に叫ぶ
ネウロ→小ネタ
獣の奏者エリン
エリン感想(漫画有
サマーウォーズ
Lovers
その他まんが
その他ゲーム
もらいものv
管理人がなんか言っとる
未分類

検索

その他のジャンル

twitter

画像一覧